外傷の定義と分類

外傷とは何だ!!

けが??正解です!!

難しい言葉で言うと、機械的外力により体の一部に、形態的機能的損害が生じること

だそうですw

 

言い換えれば、内臓の病気ではないものということです。

消防ではよく、内因性、外因性とかいう用語も使ったりもします。

 

外傷の分類

外傷にもいろいろ種類があります。

救急隊としては、外傷の種類によって、必要な処置、選定病院などいろいろ変わってきます。

                          簡単に言うと

開放性・非開放性の外傷なのか            突き向けているかいないか

感傷器の種類による分類               鋭利なものか、鈍的なものか

受傷機転による分類                 どのように外傷を負ったのか

 

 

受傷機転に関しては特に重要です。

交通事故起こした後などは、アドレナリンの分泌により、体の痛み等がしっかりと脳で認識できない状態になっています。

大きい事故に限らず、小さな事故でも、高エネルギー外傷でお亡くなりになる方が多々おられるということは、知っておきましょう。

じゃあどうするのか??

救急車を呼びましょう!!

早めに医療機関での診察は必須です。

痛みはなくても、内因的な損傷を負っている可能性があります。←高エネルギー外傷

 

*高エネルギー外傷については、また別で説明していこうと思います。

 

まだまだ一般市民のかたに知っていただきたい事や、自分が勉強したいことが多々あるので頑張っていきましょう!!

 

おっす!!おら吾くう!!

f:id:kyuukyuukyuukyuutai:20170512111055j:plain